2018年5月17日木曜日

庭の初夏!

我が家の庭も今年は季節の進行がすこぶる早い! 
タツナミソウ、バイモ、ニリンソウ、ユキヤナギ、スズラン、アヤメ等の草花や、ボケ、ハナカイドウ、ツツジ等の木の花もあっという間に皆咲き終わり、早くも初夏から梅雨時の花が咲き出して驚くばかり。

毎年楽しみにしているのに去年は病気にかかって全く咲かなかったキョウカノコ、嬉しいことに今年は元気に咲きだした!

去年初めて咲いていることに気が付いたデルフィニウムとかいう可愛い花が庭のあちこちに増えている!
よくよく調べてみたらデルフィニウム・シネンシスという花らしい。

去年は5月30日に撮っていたシモツケが早くも咲いている!
この町に越してきた時以来、今年が一番早いかも・・。

暮れからの寒い冬に耐え切れず、すっかり葉を落として枯れてしまったかと思ったニオイバンマツリ、4月に入ってようやく芽吹き、遂に花を咲かせて一安心!

早くも花盛りのドクダミ
去年は5月26日に撮っていたから今年の暑さは半端でない!

(カメラ : X-T2)
(レンズ: XF 100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR + XF2X TC WR)

2018年5月15日火曜日

里山は実りの初夏 ?!

この日は朝から眩しく晴れ、まさに初夏の青空! 
最高気温が28℃と暑くなる予報だったがサラッとした爽やかな空気に誘われて又近くの田園散歩に出かけることにした。

先日は西方の本佐倉城址だったので、この日は町の南側、造り酒屋・飯沼本家方面の田圃や里山を歩くことにした。

これは街外れで出逢った柿の花
普段気にも留めていなかったが、「こんな花だったのだ!」・・と感嘆!

ついこの前、花を見て春を感じたばかりのウグイスカグラも実になっていた!

通りがかった梅林はもう直ぐ収穫の時期のようだ!

里山の縁はこのウツギ(卯の花)が真っ盛り!

耕作放棄地はキショウブの花盛り!

「おっ イボタノキだ!」・・と久しぶりに出逢って歓喜!

おつにすましたスイカズラ、あちこちの藪に絡まって咲いている!

普段は巨木にもかかわらずあまり目立たぬ常緑の地味なスダジイ、花を付けたこの時期だけは良く目立つ!

草むらでヒルガオが元気に咲いている!
ピント合わせの邪魔をしていた手前の雑草、よく見ると花が終わって実を付けたセリ科のヤブジラミだ!

日向は既にアカバナユウゲショウが花盛り!
明治時代に栽培され、その後野生化した南米原産の花だそうだ。

懐かしくて何度もシャッターを押した田圃風景

木苺が生っている!
普段よく見かけるモミジイチゴと違って葉がかなり大きい。 たぶんハチジョウイチゴかも・・・。

ヤマグワも今の時期だったか!・・と思い出す!

葉の上に花を付けたハナイカダ

この時期の里山はガマズミが綺麗!

久しぶりにホップのような花に遭遇! 
カバノキ科のサワシバだ!

枝を垂れたエゴに遭遇! 
高木の花を間近に見ることは滅多に無いのでラッキー!

アキカラマツの若葉にオハグロトンボがとまった!

如何にも初夏の雰囲気の卯の花

あっ 綺麗! 何、これ?・・と覗いてみたのは、園芸種のツユクサと雑草のブタナのコラボ!

これはなんとも見事な道端の花園

おっ、凄いテイカカズラだ!」・・・と感嘆!
もうこの季節なら佐倉城址公園の巨木に絡まっているのも見たくなった。

*帰路の路傍のキュウリグサ
直径1~2ミリの花が可愛い。

*高木を見上げたら花らしきものが見えたので望遠で覗くと、それはセンダンの花だった!
未だ5月半ばというのにもう咲く時期だったのかなあ?

*家近く、へとへとでうつむいて歩いていたら目に留まったのはこの北米原産の帰化植物キキョウソウ

爽やかな初夏の田園をウグイスの声を聴きながらの散歩だったが、久しぶりに9km近くも歩いたのでぐったりだった。
(カメラ : X-T2)
(レンズ:XF18-135mm F3.5-5.6 R JM OIS WR
*印 XF 100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR + XF2X TC WR)

2018年5月11日金曜日

心地よい初夏の田園散歩!

今年は、楽しみにしているウワミズザクラやヤマフジを撮り損なってしまった。
早過ぎる季節の進行に付いて行けなかったのが原因だが、こんなことは初めてだ。

この日、この時期しか見ることが出来ない田植えが終わったばかりの田圃と新緑の里山を見たくなり、国の史跡に指定されている戦国時代の千葉氏の拠点、「本佐倉城址」辺りまで散歩することにした。

家を出て5分もしないところでこんもりと黄色い花を付けたスダジイが目に入った。
我が家周辺の里山はこんな花を付けたスダジイの姿がこの時期の風物になっている。

通りがかった草原は、ヒメジョオンチガヤブタナ等、おなじみの季節のお花畑!

ピンクのハルジオンと白いヒメジョオン、それに割り込むように黄色のブタナが競い合うように咲いている!

今は使われていない古い町民体育館脇がコバンソウの群生地になっていてビックリ!

やがて坂の途中で見えて来た田圃
久しぶりのこんな昔懐かしい風景に感動!

ガマズミがもう咲いている!

田植えが終わったばかりの水を張った田圃を眺めるのは何とも心地よい!

今田圃の畔に咲いているのはカタバミアメリカフウロ

本佐倉城址入口では既にカキツバタが咲いていた!

アカバナユウゲショウも咲いている!

千葉氏の家紋がある盾を並べた本佐倉城址

これはかって印旛沼湖岸だった本佐倉城を偲ぶ東山からの眺め!

城跡から下りた時出逢ったモズ

未だかなあ?・・と思っていたウツギが咲いていて感動!

つる性の低木、スイカズラも咲いている!

田圃の際のハーブの一種、コモンマロウと思われる花が綺麗!

もうヘビイチゴが生っている!

田圃脇の灌漑用水路にもカキツバタ

お気に入りのナガミヒナゲシも未だ咲いている!

振り返ると、本佐倉城址の城山もこんもりした黄色のスダジイが目立つ!

帰り道に白い花が散っていたので見上げると、嬉しいことにエゴの花が真っ盛り!

例年なら梅雨時に咲くクマノミズキも花芽が大きくなっていた。
この日は約4kmの、心地よい初夏の散歩となったのだった。
(カメラ : X-T2)
(レンズ:XF18-135mm F3.5-5.6 R JM OIS WR )