2018年2月19日月曜日

佐倉城址公園の梅の花!

2018平昌冬季オリンピック大会が今月9日から始まって、日本選手の活躍に目が離せない日々が続き、残りも後一週間程度となったこの日も家に閉じこもってTVの前に齧りついてばかりでは良くないと、月曜日でも影響のない佐倉城址公園の散歩に出かけることにした。

先ずは自由広場に行って車を停め奥の梅林を望むと、既に数本の樹に紅や白の梅の花が咲き始めていた!

これは薄いピンクの梅の花!
この色の花は珍しいと思う。

毎年真っ先に咲き出すこの八重の梅、今年も空に向かって元気に咲き始めていた!

この花、なんとも優しげで愛らしい!

こんな心安らぐ清々しい花を見た後、先月初めから真っ先に咲き出した歴博裏の紅梅の様子を見に行ってみることにした!

これが歴博裏の紅梅!
もう満開で、よく見ると霜やけした花が増えていた。

この後、姥が池の梅林に向かう途中、
目が留まったのが陽だまりで咲いているオオイヌノフグリ

水温む姥が池

梅林に向かう途中、樹の間越しに華やかに咲く梅の花が見えた!

今年も既に咲いているぞ・・と行ってみると、
日当たりのよい斜面は眩いばかりの花盛り!

ほのかなウメの香と心安らぐ花の色を堪能し帰途に就く。

これは途中出逢ったキジバト
我が家周辺でもよく見かけ、今年も植え込みに巣を作りに来たので、汚されないうちに丁重にお引き取り願ったばかり。

これはお馴染みのツグミ

そして今年初めて出会ったアカハラ
以前は我が家の庭にも現れたのに最近は滅多に逢わなくなった鳥だ。

撮り納めはこのモミジ谷の山茶花
考えてみると、どういう訳かここではこの花を撮り納めにすることが習慣になっている!
(カメラ : x-T2)
(レンズ: XF 100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR + XF2X TC WR)

2018年2月17日土曜日

パンダガモに再会!

家に閉じこもっていては精神衛生上良くないと、この日は又坂田が池の散歩に出かけることにした。

1月16日に何年振りかで出会ったパンダガモに感激し、又会いたくなって訪れた1月26日は池が折からの寒波で凍結していてその姿を見ることは出来なかった坂田が池、
見渡してみると氷も張っていないのに水鳥の姿が見えないのでビックリ!
まさかこんなに早く北国に帰ってしまったとは思えないし・・と思いながら、南岸の林の中を歩き始めた。

薄暗い樹陰を歩いていると、岸部にいたマガモが目に入った。
やはり水鳥は日陰の岸辺に潜んでいたのだ。

カルガモもいた!

池の中ほどに何とパンダガモも泳いでいたのでビックリ!
辺りを見回すと、三脚の巨砲レンズを覗き込むカメラマンが集まっていた。

それにしてもパンダガモと呼ばれ親しまれているミコアイサに又会えるとは嬉しい限り。

もう少しアングルを変えて撮ってみようと移動中、
この羽を休めるカワウに遭遇!

これは池を回り込んで日向から撮ったミコアイサ
なんとも可愛い鳥である。
(カメラ : x-T2)
(レンズ: XF 100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR + XF2X TC WR)

庭のフクジュソウ遂に開花!

今日は暖かそうだなあ・・・と窓の外を見たら、数日前まで蕾だったフクジュソウが咲いていることに気が付いた。

嬉しくなって早速窓から望遠で撮ったのがこの写真!

花はお日様の方を向いているので庭に出て眺めてみると、
なんとも華やかなフクジュソウだ!
こんな華麗なフクジュソウを見たのは初めて!

すっかり満足して眺めていたら、「紫の小さな雪割草も咲いてるわよ」と奥方に言われ見てみると、
なる程、こちらはひっそりと咲いていた!

最初に咲き出した雪割草の一方はもう萎れかけている!

そういえばクリスマスローズの蕾はどうなっているかな?・・と見てみると、
既に花は咲いていたのだが、下向きなので鉢植えでもないと花を見るのは難しい。
それにしてもいよいよ我が家の庭にも春が来たようだ。

(カメラ : x-T2)
(レンズ: XF 100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR + XF2X TC WR)

2018年2月12日月曜日

庭にようやく春の兆し!

先月末、庭で雪割草の赤い蕾が出ていることに気付いて以来時折様子を見ていたが、今朝華やかな色の花が咲いていることに気が付いた!

この異常な寒さの中でようやく咲いたこの花を記念撮影!

何か他に撮るものはないか・・と、ついでに辺りを見回してみると、
フクジュソウの蕾がようやく開きかけていた!
我が家では未だちゃんと咲いたのを見た記憶が無いので期待が高まる。

新芽がつんつんと勢い良く伸びているのはバイモだ!

こちらは先月末から咲き出した日向のサクラソウ
他にもあちこち植えてあるのになかなか足並みが揃わない。

ボケの蕾を見ると、こちらは確実に大きくなっていた。
それにしても今年はまるで北国、寒さが緩むと同時にいろんな花が一斉に咲き始めそうな予感がする。

(カメラ : x-T2)
(レンズ: XF 100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR + XF2X TC WR)

2018年2月10日土曜日

今日も又、春探しの散歩へ

今日は久しぶりに10℃を超えて一気に3月初旬の暖かさになったので、又近くの田園に春を求めて行ってみることにした。

先日は町の南側、高崎川周辺までを歩いたので、今日は西側の本佐倉城址辺りまで歩くことにして、 国道51号線を横切り旧成田街道への急な細い坂道を登って行くと、

坂ノ途中でこのロウバイに遭遇!*

花の色が見え始めたばかりのサンシュユの蕾にも!* 

坂の上に来て渡って来た国道を眺め、結構な高さがあることに感嘆!

ここで聞こえてきた遠くの少年野球の歓声!
下では聞こえなかった春の音だ!*

坂上の民家の生け垣でたった一輪咲いていたオウバイ!*

あれっ!早くも咲き始めているのかな?・・とびっくり!
これは河津桜かもしれない。*

ミツマタは未だ固い蕾だ!*

春の到来を感じさせる民家の庭の梅の花!*

ふと道端の派手なスイセンに目が留まる。*

どこの梅も未だ咲き出したばかりというのに、給食センター脇のこの大きな梅の樹が早くも赤く染まっていた! *

小学校の運動場沿いで咲いていたこのスイセンは好みのタイプ。*

やがてやって来た本佐倉城址の前に広がる田圃は未だ冬枯れの景色!
春の気配は感じない。*

農道でも未だ咲き始めたばかりのオオイヌノフグリ

未だ見つけるのが大変なホトケノザ

そういえば小鳥の姿もこのツグミ以外はあまり見なかった。 

今日は前回より距離を延ばして6キロメートル近い散歩となったが、やっぱり本格的春が来るのはだいぶ先・・・という感じは変わらない。
(カメラ : x-T2)
(レンズ:*印 XF18-135mm F3.5-5.6 R JM OIS WR
XF 100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR + XF2X TC WR)

2018年2月7日水曜日

久しぶりの田園散歩!

相変わらす寒い日が続いている。
お陰で梅の花も開花が遅れているのか、何処も未だちらほらという感じ。
なので出歩くのが億劫になってしまうのだが、ふと、農家の庭先でウグイスカグラが咲き出すのは今頃だった・・と思い出し、風も穏やかな良い天気だから久しぶりに田園散歩に出かけてみることにした。

町の図書館の早咲きの紅梅「ずいぶん大きくなったなあ!」と感嘆!*
近くなのにあまり歩いていないので意外と気付いていない。

町役場の先の空き地に植えっぱなしのソシンロウバイも随分大きくなった!* 

伸び放題の枝に八分咲きって感じで良い香りを漂わせている!*

街並みを外れるとこの寒い時期にヒガンバナが青々した葉を茂らせている!*

お目当ての農家の前で予想通りちらほらウグイスカグラが咲き出していた!

自然に還りつつある耕作放棄の荒れ地の中では
シジュウカラが飛び交う!

お気に入りのオオイヌノフグリに遭遇!

ホトケノザもやっと見つけた!
そういえばどちらも今年は寒さが厳しいせいか未だあまり見かけないのが不思議なくらい。

遠くの休耕田らしき茂みに小鳥が飛んで行ったので何だろう?・・とズーム一杯にしてみたら、ホオジロ
この鳥もほんとに久しぶり!

山を背の農家の庭で陽光をたっぷり浴びたが一斉に咲き出していた!

農家の庭先で咲き出していた芝桜の白い花!

赤い花も咲いている!

これはすぐ直ぐ近くに飛んで来たモズ

農家の庭の一際鮮やかな紅葉にびっくり! これはナンテン、こんなに見事に紅葉するのだ!

それにしても季節の草花や小鳥を見つける田舎道の散歩はほんとに楽しい! 
でも上り下りの多い3キロメートル近い散歩コースは未だやっと春の気配が感じられる程度。手はかじかみ、目がしょぼつく寒さは何時まで続くのだろう・・・。 早く春が来てほしい!
(カメラ : x-T2)
(レンズ:*印 XF18-135mm F3.5-5.6 R JM OIS WR
XF 100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR + XF2X TC WR)