2017年12月6日水曜日

久しぶりの「坂田が池」散歩!

このところ一段と寒さが身に染むようになってきたが、だからと言ってじ~としているのは良くないと思い、久しぶりに坂田が池に行って一周2kmの散歩をしてくることにした。

坂田が池総合公園の駐車場を出て、最初に出逢ったのはこのコガモ

池の南岸の樹林帯を歩き始めると、辺りの空気が一段と冷たかった!

北岸の暖かそうな雑木林の色が綺麗だ!

陽が射しこまない南岸は手がかじかむほど寒く、手袋して来ればよかった・・と後悔!

対岸は暖かそうだ!・・と、早くあっちに行きたくなる。

池の奥まったところにカモが集結して休んでいた!

池のどん尻を回り込んで陽の射す岸辺に出た時、湖岸に潜むこのカワウに遭遇!

張り出した枝の下に潜んでいたカモが、足音を聞きつけて一斉に湖岸を離れて行く!

何故か浮き橋の中央に水鳥が群れているのが見えた。
望遠で覗くと、小さな児が餌を投げていたのだった!

目の前を飛んで行く小鳥に気付き目で追うと、湖岸の杭にとまった。 
何だろうとズームアップして覗いたらこのモズだった。

この季節は成田空港を北に向かって飛び立った飛行機が良く見える!

湖岸を一周して見えてきた終点の駐車場。
秋の陽光に映える紅葉が良い感じ!・・と思った。
(カメラ : X-T2)
(レンズ:XF18-135mm F3.5-5.6 R JM OIS WR)

2017年12月4日月曜日

「黄門桜」と「飯高檀林」

この日もモミジの名所が無いかなあ~・・・と考えていたら、昔、利根川にハゼ釣りに行っていた頃、「千葉県立東庄県民の森」という道標が気になっていたことを思い出し、ちょっと遠いがどんな所か見に行ってみることにした。

ところがどっこい、行ってみると千葉県立というのにそれらしき場所がなかなか見つからず辺りを往ったり来たりする始末。 ようやく細い路地の入口に小さな看板を見つけ、その先にこの公園の入り口となる「第一駐車場」が見つかった。
ところがその頃になると次第に雲が厚くなり、フロントガラスにポツポツ雨が当たりだしたので園内の散策は諦めることにしたのだった。

とりあえず場所を特定したのでまた機会があったら来てみることにして、昔釣りで通った道を辿って帰路に就く途中、「黄門桜徒歩1分!」の道標を見つけた。 
この桜も話には聞いていたが場所が分からず未だ見たことが無かったので寄り道すると、
なる程かなり大きな桜の樹だ!

幹の太さも半端でない! 大きな無くなった枝がもし有ったらもっと壮観だろう

黄門桜のいわれが書かれた看板だ!

黄門様が訪れたと言う飯高檀林も近くのこんな森の中なので久しぶりに見に行ってみることにした。

この飯高檀林の裏参道を往くと、

僧が集まって学問をする場所、講堂の重厚な屋根が見えた!

講堂の前の櫓は鼓楼とか。

こちらは鐘楼

表参道から見た講堂

表参道は杉の巨木が立ち並ぶ厳かな雰囲気!

16世紀創建の日蓮宗最古、最大、最高の学問所で、最盛期には600から800人もの学僧が学んだとされる歴史を感じさせる。

下総台地の上にある飯高檀林の総門からの眺めも又素晴らしかった!
(カメラ : X-T2)
(レンズ:XF18-135mm F3.5-5.6 R JM OIS WR)

2017年12月3日日曜日

芝山仁王尊

どこか近くで未だ見ていないモミジが無いかなあ~・・・と思いつつ、成田空港の南端にある芝山仁王尊のホームページを見ていたら、参道の階段脇がモミジ並木になっていることを見つけ行ってみることにした。
始まりが781年という観音教寺、真言宗の寺だが芝山仁王尊と言う名の方が有名なのは、ここの仁王門に祭られている仁王尊が火事・泥棒除けに霊験があると言われ、江戸時代の民間や町火消の信仰を集めていたというのだ。

お寺の下に到着して見上げてみたら、モミジは既に茶色く霜枯れ状態! ちょっと来るのが遅かったかな・・・。

ともかく階段を登りながら振り返って見ると、辺りの景色も含めて意外に綺麗!・・と嬉しくなる。

モミジを眺めていたら大型バスが門前にやって来て、数人の外国人が下り立った。
ツアーにしては降りる人がやけに少ないな?と思ったら、これは成田空港利用の観光客向けに始めた成田近郊バスツアーのサービスらしい。

これが仁王門! 左右の仁王尊の前に座敷があるので珍しいのだという。

仁王門の2m近い巨大なわらじ!

大きな門の向こうに本堂が見える!

階段を登った本堂の前から眺めた千葉県指定文化財の三重塔

本堂にお参りして振り返ると、仁王門の屋根の大きさに思わず感嘆!

モミジはちょっと残念だったが、参道脇に今盛りと咲いていた小さくて可愛い椿が印象的だった。
(カメラ : X-T2)
(レンズ:XF18-135mm F3.5-5.6 R JM OIS WR)

2017年11月30日木曜日

宗吾霊堂のモミジ

昨日はあまりに心地よい天気だったので、佐倉城址公園のモミジを見た後宗吾霊堂に行ってみた。

奥の院裏手の梅林近くの駐車場から境内に入り、
大本堂の裏に出ると、霊宝殿の背後の見事なイチョウとケヤキに目を奪われた!

薬師堂の前には真っ赤なモミジが見える! 

大本堂で参拝を済ませ振り返ると、仁王門手前の桜の枝に散り残った紅葉が煌いていた。

これは大本堂前から先ほどのイチョウを眺めたところ。
薬師堂のモミジを正面から覗くと、なるほど今が最盛期のようだ!
今年の秋は天候不順でどうなるかと思ったが、何時になく綺麗な紅葉が見れてラッキーだった!
(カメラ : X-T2)
(レンズ:XF18-135mm F3.5-5.6 R JM OIS WR)

2017年11月29日水曜日

佐倉城址公園のモミジ

今日は秋晴れの良い天気、今月17日に様子を見に来た時、見頃は2週間後くらいかな・・・と思った佐倉城址公園のモミジを見に行ってみることにした。

9時近く、未だ車が少ない国立歴史民俗博物館の駐車場に車を停めて辺りを見回すと、
抜けるような秋空に映えるケヤキと思しき黄葉がまず最初に目に留まった!

モミジ林を目指して谷間の姥が池に下る径で出会った黄葉! 

秋の陽光に煌く姥が池の水面が見え、

下り立った菖蒲田のある谷底で、真っ赤なモミジがお出迎え!

姥が池の右岸を登ってモミジ林に向かうと、
モミジ林は見事に色付いていた!

午前9時21分、陽が射しこみ始めたばかりのモミジ林!

陽が昇るにつれて鮮やかに輝き始めた!

梢の先まで真っ赤に染まったモミジ!

谷間のモミジを堪能した後、城跡のモミジ巡りに向かった。
城跡を巡る径のあちこちで綺麗なモミジに遭遇!

真っ赤なモミジよりこんな色の方が華やかな感じがする!

本丸跡、一之門近くでこの燃えるように真っ赤なモミジに遭遇してびっくりしたり、

覗き込んだ空堀の綺麗なモミジに感嘆!

モミジを楽しみながら園内を歩いていると突然樹々の上に黄色に輝くイチョウが現れ感嘆!

満開のヤツデの花もなんだか新鮮に見える!

公園入口近くの空堀の縁で見上げてうっとりしたこのモミジや、

樹林の中で神秘的に輝くこの黄金色のモミジ等、なかなか見事なモミジに心満たされたひと時だった。
(カメラ : X-T2)
(レンズ:XF18-135mm F3.5-5.6 R JM OIS WR)